著者 からの投稿 F+編集長

F+編集長

1447 投稿 0 コメント

色々な国旗が入り乱れる結果となった2022チャレンジャーシリーズ

ハワイのハレイワで行われていたチャレンジャーシリーズの最終戦も終了し、2023シーズンのCSからのクオリファイヤーも決定。フランスのマキシム・フスノットが30歳になってようやくクオリファイを果たした。なんかすごく長いことこの人の名前を耳にしていたような気がする。リオ・ワイダも2連勝のあといい成績は残せなかったけど3位でクオリファイ。インドネシア初のCT選手となったし、ラムジー・ブーヒアムもモロッコ初のCT選手になった。 なんかこうしてランキング表を見ていると、以前はオーストラリア、アメリカ、ハワイ、ブラジル、以上、みたいな感じだったけど、今はすごくいろんな国旗が入り乱れていて、まぁ、これもオリンピック効果なのかな、と思う。 続きを見る 【お知らせ】 お待たせしました、F+ x...

2023年版F+カレンダー発売中です

お待たせしました、カレンダーできております。ボソッとマーケットのほうには出ていたのですが、リンクするバナーとかこのページからの行先などのインフォ部分が定まらず、マーケット見てた人は買えたけど見ない人は買えないという非常に不親切な状態が続いておりました。申し訳ございません。遅ればせながらお買い上げはこちらから。 各方面値上げラッシュですが、F+カレンダーは価格据え置き、税込み1200円です。2023版はサーフィンショットオンリーのシンプルなデザイン。写真は昨年のベルズやタヒチなどからチョイスしました。また、センターはあの時キミは若かったシリーズの写真をコラージュしました。 まぁ、現在のサーフシーンモノのカレンダーってほかにないのかな? と思うので、よろしくです。 F+ Magazineバックナンバーも在庫限り販売中です。お求めはこちらから。 F+編集長 つのだゆき

ローカルモーションのヒストリーブック

あれだけ飛行機に乗っていたのに、最後に乗ったのはいつだったかなぁ、と思い出せないぐらいの年月が経ってしまった。最後に飛行機に乗って外国に行ったのは、コロナで海外渡航の規制がかかる直前のことだった。2020年の3月、ローカルモーションのヒストリーブック制作の取材のためにハワイに行ったのが最後だ。現地ではカメラマンと共にファウンダーのロブ・バーンズを取材した。 ローカルモーションといえば、もうハワイでは知らない人はいないぐらい有名で、古くからの老舗サーフブランドだ。日本でもあのヤシの木マークは大ブームになった。 その立役者であるロブ・バーンズという人はとても興味深い人で、もともとは自宅のガレージで趣味が高じてシェイプを始めたシェイパーだけど、サーフショップを開店すれば経営の才能があり、アパレルに進出すればファッションセンスがあり、ローカルハワイアンとの結びつきが強く、ハワイアンミュージックへの造詣も深く、音楽プロデューサーとしての才能もあり、現在は不動産業を営み、政界にも進出するらしいという話も聞いた。とにかく多才な人なのだが、そういう風には感じさせない、とても気さくで優しいハワイのおじさんだった。創成期の70年代80年代の話はいくら聞いても飽きないぐらい本当に面白かった。サーフィンの古き良き時代だ。 続きを見る

アンディ・アイアンズのフィルム...

質問:というよりお願いでしょ、これ 「Kissed by...

天体ショーでハワイ・ノースショアを回顧する

先日の夕焼けに続いて、昔の人なら怖かったろうなシリーズ(笑) 月食。私あまりこういった天体ショー的なものには興味がないというか、あるにはあるけど、わざわざ見よう、という感じでもなく、たまたま誰かが見ようというので連れていかれたり、見たりはあるレベルだ。今回は夕方からやけに月がキレイで、これは誰がどうやってもバッチリ見えるんだろうな、と思い、外に出てみてみたら始まっていたのが肉眼ではっきり見えたので、ケータイで撮影したものの、半月的なものは撮れたけどイマイチだった。まぁいっか、と思い家に入ってだらだら飲みの継続をしていたんだけど、なんか、考えたら私一応カメラマンもやってるし、カメラもあるし、撮らないってどうなの? と思い直し、急遽ベランダにカメラと三脚持ち出してガサゴソ。もう完全に影になる直前に何とか間に合った感じ? 明るいうちにきちんとセッティングしとくんだったな、と思ったけど後の祭り。まぁ、1枚でもお見せできるようなものがあったからよかったかな。 赤い月にウサギはいないけど、このもやもやは肉眼でも見えたよ。この色は夕日と同じ太陽の赤い光のなせるワザ。白いほうは陰の去り際。 なんかねぇ、この肉眼で見ても赤い月って本当に昔の人には不気味だったと思う。やっぱり恐怖におののいて加持祈祷しちゃうよな。 天体ショーといえば昔、30年以上前にハワイで見たしし座流星群だったかな、とにかく流れ星がいっぱい見えるやつ、あれはすごかった。グレン松本って当時現役JPSAプロサーファーの家がラニアケアのビーチフロントにあったころで、同じくJPSAプロの息子たち、松本カイ、コアが生まれるずっと前に、ノースにいた日本人プロとかみんな集まってBBQやろうって日だった。 続きを見る

チューブライディングに限界はあるか?

太平洋の真ん中の島とか行くと毎日夕焼けやばいけど、ここ東浪見でもたま~に、年に一度か二度ぐらいですが、ものすごい色の夕焼けとかあります。この間犬の散歩中にあまりにすごかったのでケータイショット。色補正無し。昔の人ってこれ見てキレイ、とかじゃなくて恐怖だったんじゃないのかな、というのは容易に想像できるな。 質問 ①チューブライディングテクニックは限界値に達しているか? ②日本人シェイパーの腕前と、CTの壁には相関関係があるのか? ③スチュアート・ケネディのサーフィン(彼以外に、ユキさんが上手いと思うアップカマー)について すべて同じ方からの質問なんですが、どれも考えすぎな感じであまりフックしないのでオールスルーといきたかったところですが、まとめてお答えします。 続きを見る

2022年JPSAグランドチャンピオン決定

コナーの置き土産プレセント、訳ありにもかかわらず本当に多数のご応募ありがとうございます。なんかものすごくびっくりしてます。そんなにみんなこのコラム読んでるのかい、みたいな。そういえば先週コナーに続いて五十嵐カノアが志田に登場してたっけ。なんでも松岡修造にサーフィン教えるっていう趣旨のテレビ番組の収録だったようです。結構波大きくて、カノアにはよかっただろうけど、修造さんにはきつかったかも。 まぁ、今のCTのシステムの唯一いいところは9月から1月まで、5か月のオフが取れるということ。コナーやカノアのように、プロモーションにもたっぷり時間がさけるというわけだ。 お待たせしているカレンダーももうすぐできると思います。 2023年版は超シンプルにライディング写真のみ。格言ナシのコラム無し。格言はオヤジギャグ方向に曲がりすぎた感あるし、コラムはけっこう面倒だったし(笑)、一度全クリア。そのかわりにセンター見開きの写真はちょっと工夫して、いろんな選手の写真をアーカイブから引っ張ってみました。「あの時キミは若かった」シリーズ。乞うご期待。 国内ツアーのJPSAも終了。2022年のグランドチャンピオンは男子、金沢呂偉、女子、中塩佳那。JPSAとはいえ、タイトル連覇って難しいんだなぁ、と改めて思った。西慶司郎、行くと思ってたんだけどね。思いっきり予想外しました。まぁでも考えてみれば最終戦のひとつ前、鴨川での金沢呂偉とのセミファイナルの直接対決。あそこを押さえておけなかった時点でアウトだったんだろうね。逆に呂偉のほうはその直接対決を制したからこそ、最終戦イチコケでも初タイトル奪取行けたってわけだ。第4戦のセミが今シーズンのタイトルの行方を決めたヒートといえるな。結果が逆なら最終戦の立場は全く逆になってたわけだから。 続きを見る

コナー・オレアリーのサイン入りお土産プレゼント(訳あり品w)

オレアリー台風は先週の火曜日には羽田空港で温帯低気圧にかわり、南西方向に遠ざかっていって、千葉沿岸では穏やかな日々が続いている(笑)。 バタバタしていてカレンダーのこととか何人かにお問い合わせいただいていたのに、お返事できなくてすみません。 今年も2023カレンダー、鋭意制作中でゴザイマス。カレンダーは毎年これ、の人は他を買わないで待っててね~。 2023カレンダーにも掲載が予定されているコナー・オレアリーの置き土産もあって、それは読者プレゼントにしようと思う。1名様にプレゼント。 応募はこちらのフォームから。お名前とメルアドだけ書いて送ってください。 当選はプレゼントの発送をもって発表にかえさせていただきます。 お土産プレゼントはツールスのトラクションパッド、コナーモデル。コナーのシグネチャーモデルなのにスペル違いはご愛嬌。コナーはCONNERではなくCONNORなんですね。コナーだから笑っておしまいだけど、面倒なアメリカ人とかだったら訴訟問題かもね。なんでも裁判だから、あの国。まぁ、このロットはミスプリのレアものかも(笑)。そういえば昔PARKOをPERKOと表記して、パーコちゃんに叱られたっけ。俺はパーコじゃなくパーコだよ、って。はい、でも日本語にすると同じなんですよね~(笑)。キャパ広いな、カタカナ英語(笑)。 プレゼント用に、ひとついただいてコナーにサインしてもらったら、コナーは私にあげるんだと思って、私の名前を書いてしまいました。サーフィンはとっくに引退して、家にはボードもないのにどこに貼るんだ、っての。まぁ、そういうわけなので、苦肉の策として、私からコナーへのメッセージとサインを書いて、ダブルネームの珍品攻撃。欲しい人はこちら記よりご応募ください。 続きを読む

オレアリー台風が日本直撃&日本語版WSLルールブック公開

母明美、コナー、弟リクのオレアリー一家が来日していた先週は、うちもけっこうバタバタして、台風直撃の様相。まぁでも子供たちは生まれる前から知っているので、家族同様、うちの動物たちもすぐになれて、忙しいけど楽しい日本トリップを満喫していた。 ピンポン鳴らしてコナーがうちの玄関先に立ってた時、あぁ、もう日本人は勝てないんだな、と心の底から思った。188センチ93キロ(いまオフなので、トレーニングして落とすベストは88キロ前後)、履いてるデニムは34インチで、両国で買ったのか? と思うほど、どんだけでかいんだよ、お前、な感じ。デニム1本超重いし(笑)。 海に入ってても、ひとりだけでかいのですぐにわかる。 続きを見る 話は飛びますが、日本語版のWSLルールブック作りました。 翻訳担当の水垣さんはさぞかし大変だったろうと思います。校正と編集をした私も死ぬかと思うぐらい面倒でした。おかげさまで今ではけっこうルール詳しいです。 せっかくなのでできるだけ多くの皆さんに利用していただけるように、いろんなところで公開してもらうことにしました。 公式の翻訳ではないので、すべて英語版が正しいのですが、英語難民には朗報かと思います。一応翻訳して配る旨はWSL APACの許可を得ていますので、どんどんDLして使ってください。メンバー登録のしかたの日本語版もあるでよ~。  

これからは和井田理央ではなくリオ・ワイダ

リオ・ワイダ。2023CT確定。そりゃそうだね、CS年間8戦中2試合優勝すれば、あと何ヒートかで足りるだろうし、ましてやフランスがキャンセルになって7戦になってしまえば、計算上の確定は早まる。 これからは和井田理央ではなくリオ・ワイダにしよう。 インドネシアのサーフシーンをしょって世界のトップシーンに出ていくんだから、いつまでも日本を引きずらせちゃ、インドネシアに失礼ってもんだ。 インドネシア人の父と日本人の母の間に日本で生まれ、5歳の時にインドネシアに移住。インドネシアの波でサーフィンを磨いた。 ま、どうしたって上手くなるだろうな、あのフィールドなら。何しろホームタウンがウルワツだもの。 リオのサーフィンはポケットとタイミングだ。 続きを見る