著者 からの投稿 F+編集長

F+編集長

1529 投稿 0 コメント

各国超本気モードのWSGはブラジルが本気で優勝狙ってきていた

千葉群発地震の震源地真上に住まいする、つのだでございます。 まぁ、毎日飽きずに揺れる揺れる。ここ数日落ち着いてきてはいるので、睡眠不足も解消できたけど、一晩に震度4が2回とか、きつい。猫たちは5匹とも誰も地震には興味がなさそうで、揺れれば、ン?? みたいな感じで目は覚ますけど動きなし。しかし問題はうちのバカ犬だ。もうね、音という音が全部ダメな犬なので、恐怖の大魔王に毎晩やられまくり。揺れる前の地鳴りっぽい音の段階か、その一瞬前からわかるようで、飛び起きてベッドに上がったり下りたり、ベッド上をうろついたり。その後ずっと震えが止まらなくてヨダレもダーダー。ベッドビショビショで大迷惑、おかげでこっちまで寝不足だ。 千葉東方沖というのは地震の巣で、よくそこを震源とする地震は来るし、群発地震も5年周期ぐらいで起きているようなので、そんなに変わったことではないんだけど、今回は回数も多いし震度3とか4とかちょくちょく入ってくるあたりが、どうなの? って感じ。スロースリップというメカニズムらしいので津波の心配はなさそうだけど、これだけ揺れるとなんかちょっと不安にはなる。 震源が千葉東方沖ではなく千葉県南部というときには震源を表す赤いバツ印がチーバくんの肘というか手首というか、とにかくうちのあたりで、あまり気持ちのいいものではない。つのだ家直下型地震。 しょっちゅう地震が来るので、地震情報とか追っちゃうわけだけど、追ってみると日本って全国あちこちで1日何度も揺れてるんですね。震度1から書いてあるので、それ見るとほんとあちこちで地震があって、改めて私たちは地震大国に住んでるんだな、と再認識した。 さて、プエルトリコでは2024パリオリンピックの最終選考のワールドサーフィンゲームス(WSG)が終了、最後のオリンピック枠も決定した。ここ数年のWSG では日本チーム大活躍だったわけだけど、今回は序盤からJPNのJの字もオフィシャルリリースに出てこなくて、なんだろ、ダメなんだろうなぁ、と思っていた。まぁ、この段階になると各国皆さん超本気になってくるので、そういうことなのかなぁ、とも思った。同じような選手が出ているので周りが同じなら勝てるわけだけど、違ったってことか。 チーム成績は11位、個人も全員早いうちに敗退してしまった。 続きを見る

CSレベルからのサーフィンの進化を求める

帰ってきてすぐは本当に暖かくて、けっこういい感じじゃんとか思ってたんだけど、最近また寒いね。侮るなかれ日本の冬。 ハワイはもうあちこちでみんなコロナ(あちらではコロナではなくコーヴィッドといいます)で、普通に冬のインフルエンザ的な感じ。マスクなんか年寄り以外誰もしてないし。寝込むことは寝込むようだけど、集団免疫獲得終了なので、そんなにひどくはならない。潜伏期間3日、自主隔離5日みたいな。ま、インフルエンザですね。熱あってのど痛くてだるい、みたいな。 それよりなにより物価も高いし、ドルも高いので、本当に何も買う気になれない。買い物とか行ってもついつい計算しちゃって、まったく手が出なかった。日本人観光客には厳しい世の中になったものです。次に行く予定のオーストラリアもオーストラリアドル100円近いからな。何もかも高くて手が出ないんだろうと思う。 ハワイレッグの第2戦のサンセットが終了。メンズ優勝ジャック・ロビンソン、2位五十嵐カノア。 女子のほうはもうニュージェネレーションとしてWSL強力プッシュのふたり、モーリー・ピックラム21歳とケイトリン・シマーズ18歳が頭一つ抜けた感じ。 続きを見る

どうなってしまうんだ、今シーズンのCT

フィリッペもいなくなっちゃう今シーズンってどうなんだろう。 これ以降の試合に出ないというアナウンス。2025シーズンのワイルドカードゲット済みとなると、いよいよケリーが出れないことになるんだろうか。 フィリッペはメンタルヘルスのケアのためという理由なんだけど、あの食中毒でどうこうのパイプの序盤ラウンドでの棄権で、SNS上ではものすごい誹謗中傷がブラジルを中心に蔓延したようで、それでますますメンタルやられちゃった可能性はあるだろう。 ガブもフィリッペも、メンタル病んじゃうって、やっぱり今のツアーの形が違うのかなぁ、とも思う。カリッサ、ステファニー、フィリッペを欠くとなるとますます若手のワールドということか。何しろ近年は公衆とともに負けた腹いせに飲んで騒ぐ、さえ許されないわけで、SNSケアにも神経使うし、ストレス解放の場が狭まってるのかなと思う。 続きを見る

上位陣の入れ替わりがすごい。時代は21世紀生まれのシーン

ファイナルデー、男女ともにQFから先が行われた。優勝したのはバロン・マミヤとケイトリン・シマーズ。でもどのラウンドでもいいサーフィンをしていたのは2位のジョンジョンとモーリー・ピックラム。 なんかね、この辺がコンテストの難しいところ。うまい人が勝つわけではない。バロンは神がかった波運で10点含みのハイポイントを重ねたし、ケイトリンは戦略というか、バックアップを拾うのがうまかったと思う。18歳であそこにいるということは、そういう戦略的な部分が強烈なんだろうな。例えば双方8点台1本あって、中盤で2点必要な時に3点出してすぐひっくり返しておくみたいな部分は、すごいな、と思う。でもね、でも、モーリー・ピックラムのほうがサーフィンはすごかったよ。そこ、ジョンジョンも同じ。ただ、波はバロンがお好きなようで、バロンの波回りがすごくよかったと思う。 続きを見る

パイプはバレルなのよ、ってメッセージが聞こえてきそうな戦い方

この間危惧したように、カリッサ、オープニングラウンドと同じような負け方。ただひたすら穴のないバレルを狙い、エリミネーションラウンドで負けた。飲み込めないだろうなぁ。パイプはバレルなのよ、ってメッセージが聞こえてきそうな戦い方だった。 なんだろう、ケリーもよくあるけど、なんかこういう風に意地になっちゃうというか、何が何でも、どんな手段を使ってもこのヒートを勝つ、みたいな執着心が希薄だったと思う。ベテランに多いケース。まぁ、そういう気持ちが持てなくなったからやめるんだろうけど、それにしても波の来ないヒートだった。バレルゼロ。できればいいコンディションでカリッサのサーフィンを見せてほしかったな。 続きを見る

バレルとマニューバーのジャッジング

女子。とはいえ、バレルにしてもマニューバーにしても、すごいな。ここに日本人女子入れたらどうだろう、と想像することすら恐ろしい感じ。遠いなぁ。 昨日のインコンシスタンスのままサイズダウン。奇跡的に穴の開いたバレルでハイグッドとかエクセレント出るわけだけど、それしつこく狙った人はほとんど負けた。 タイラー・ライトとかモーリー・ピックラムとかの、それ2本揃えちゃった人は例外で、バレルをあきらめさっさとマニューバーに切り替えた人のほうが勝ち上がってたと思う。 よって、シビアなバレル抜けられそうな人がエリミネーションラウンドに回った。 あと1メートルで8点9点のライディングが、抜けられないので1点台という厳しいジャッジ。この辺がね、バレルのジャッジングの問題というか限界というか、何というか。 続きを見る

上位陣はほぼ全滅。番狂わせのパイプってのもなぁ

やるとなったらとことんやる。あ~疲れた。 クオーターの面々出そろいましたが、ハワイアンがんばっちゃったね。 まぁ、あれだけ波の来るヒートと波の来ないヒートがあって、英語で言うインコンシスタンスなコンディションだと、番狂わせも起こるよね。ライブで見てるとキレイな波に見えるかもしれないけど、ビーチで見てるとけっこうひどい。 ケリー。なんかスピードなかったかな。昔のケリーなら、間違いなくあそこ穴掘って出たでしょ、ってバックドア出られなかったのあったもんな。まぁ、腰の手術とかもあって体調今ひとつなのかもしれないけど、やっぱね、いいコンディションで、グリグリ巻けば変態的テクでまだまだ勝てると思うけど、ああいう駆け引き含みのあまり出口がないバレルだと、厳しいかな。しっかり波を選びきったイーサン・ユーイングにラウンドオブ32でやられた。 その昔のケリーを思い起こさせるようなバレルテクを見せたのが、ジョンジョンだった。 続きを見る

私の一日を返せ~

毎回毎回試合に来ると30年以上にわたって愚痴るわけだけど、あの引きずるのやめたほうがいいと思う。迷惑。誰がどう見たって、朝一のコールの時より1時間後、2時間後のほうがコンディションがよくないのに、次のコール、次のコールって昼過ぎまで待たせる?? そりゃね、Tシャツも売りたいだろうし、ランチも売りたいだろうけど、そういうことが現場に見に来るファンにどういう影響を与えるかは、少し考えたほうがいいんじゃないかな、と思う。 サーフィンや海に全く関係のないアメリカのメインランドの、海のない内陸部から来ている人たちは、ああしてビーチに座って潮風を浴びているだけで一日過ぎてもいいわけだけど、もう少しコアな、ハワイに住んでいるけどタウンで、今日はやりそうだから仕事休んできた人とかにとっては、おいおい、一日終わっちゃったじゃん、なんですよ。 サーフィン見たいけど、やるかやらないかわからないしなぁ、って思わせることって、あまり得策ではないと思うんだけど。運営サイドはやれればやりたくて、たぶん無理だろうけど、奇跡的に良くなったら……を待ってた本日なわけだけど、私ですら付き合いきれないなぁ、と思った。ファーストヒートケリーだから、絶対ノーっていうだろうし(笑)。 続きを見る

やっぱりハワイ、ノースショアって狭い

風が強くて時折雨も来て、もうどうしようもないかな。 皆さんのお話では、日曜日、水曜日ということだけど、終わるのかなぁ。まぁ、デュアルを使うのは間違いないだろうけど。 遅ればせながらグレンの家のBBQ集合写真。グレンの60歳の還暦もかねてだけど、この人本当に変わらない。 いすに座っている3人が還暦、右からグレン、シゲ、トムさん。その他は濃かったりそうでなかったり、様々な世代のサーフィン関係者です。 別の日、ランチ女子会をグレンの奥様と、ボルコムにこの人ありのデイブ・リドルの奥様と開催。そこでばったり牛越峰統御一行様と会った。後列中央のKポップ風イケメンは和氣匠太朗プロ。なんかやっぱりハワイ、ノースショアって狭くて、いろんな人とすれ違う。今日はハレイワのロングスでマクア・ロスマンやジョーディ・スミスに会ったし。 サンクスギビングとかクリスマスとかそういうアメリカのメインイベントの時期じゃないので、やっぱりちょっと静かな感じだけど、大統領選の話題が多い。 続きを見る

パイプDay1がスタート。ハワイアン勢は盤石、ガブ・ジョン・ケリーは変態的

いや~、久しぶりのパイプ。何がびっくりって、断崖絶壁ですわ。大昔の志田みたい。40年ぐらい前、私がまだサーファーねーさんだったころ(笑)、志田って砂浜が断崖みたいになってて、駐車場というか、ちょっとした売店(これを志田商店がやっていたので志田、と記憶しています)のある広場からずぶずぶ降りて下のビーチに行く感じだったんですよ。 で、今年はパイプがそんな感じ。高い砂浜は幅5-6メートルぐらい? そこからがくんと落ちてて下歩けるけど座れないので、観戦エリア激減。多分いつもの3割ぐらいしかスペースがないと思う。ビーチの高さが本来の高さで砂が上がったのか、あるいはざっくり持っていかれたか、とにかくあんな高低差のあるパイプ見たのは30年通ってて初めてだ。けっこう岩もあちこち出てるし、ビーチの様相がだいぶ違う。 続きを見る