著者 からの投稿 F+編集長

F+編集長

1317 投稿 0 コメント

ケリーのトラッスルズライディング

ケリーファンのあなたに贈る、ケリーのトラッスルズでのライディング集、アップしました。 ナビバー→F+Digital→F+Videoで見るよろし。 この時点ではまだジョーディが1位で追う立場にあったケリー。しかし、このトラッスルズでは完勝。そしてその後のヨーロッパからの3試合では全勝するのではないかと思われるような大活躍で2位、優勝、優勝と、あっという間にタイトルを手にした。 ま、ひとつの転機になったトラッスルズなわけだけど、そのときのライディイング集をどうぞ。 で、そうこうしているうちに明日はいよいよ帰国。 なんか早かったし、パイプ終了後は全く波ないし、ここのところずっと雨だし。この先もイマイチみたいよ、しばらく。変なシーズンだったな。普通なら、試合の合間とかフリーサーフィンでオフザウォールデーとかあるんだけど、それがまったく無かったから、ビーチで試合以外でカメラマンに会うなんて事は皆無だったもん。たいていそういう日があるんだけど…… しかもけっこういやな目にあったし。 コソコソずるいヤツがいるわけよ、このサーフィン雑誌業界にも。 他誌編集長。ま、たまたま同じ記事を違うカメラマン(カメラマン2人参加のトリップ)からゲットしたんだけど、私は私のもらった写真で記事を組もうと思ってたところ、彼が私のもらったカメラマンのところからも写真の横取りを試みたわけ。ひどくね? ま、渡しちゃうカメラマンが一番いけないんだけど、紳士的に直接話し合おうよ。狭い業界で日本人同士で知らない仲じゃないんだからさ、ノースまで来て影でコソコソ動くのはやめない?  その編集長氏は私がその写真を持ってることもご存じなわけよ。間に挟まったカメラマンが困って状況説明してるわけだから。それなのにさ……ホント姑息。ありえない。 もうね、この業界さ、2誌しか残ってないわけよ。しかもF+とその姑息な編集長のS誌じゃ方向全く違うし、いがみ合って、つぶし合ってる場合じゃないと思うんだよね。 アメリカでクイックシルバーが株式的にダメになって、日本でいう会社更生法みたいなことになって、破格値で買えるようになったとき、なぜビラボンが買わなかったか知ってる? 競合他社が存在しないとマーケットは活性化せず、遅かれ早かれ1社独占じゃマーケットごとダメになるっていうマーケットの大原則を知ってたからなのよ。 ケリーだって、ロブがいたから、アンディがいたからのケリーなわけじゃん。 なんかね、こういう目にあうと、ホント日本の雑誌のレベルの低さというか、そこにかかわってるやつらの意識の低さが見えて、グッタリするな。

マスターズレポートアップ(今度こそ)

パイプのコンテストレポートをニュースに、写真集をギャラリーに上げましたので、いつものように、上のナビバーからよろしく。せっかく書いたんだから、読んでよね。 昨日両方上げるつもりだったんだけど、あ、ちょっと写真集までは時間たりないから、ニュースだけ、と思ってて、両方ともあげるの忘れてました。ごめんなさい。 早めにコンテストが終わったから、なんかこうやってレポートとかも書いたりできるけど、これ、また地雷踏んじゃったんじゃないのか? と思う今日この頃。 前にやってたコンテスト時のブログ修行があまりにも無理なので、軽くしたつもりではあるんだけど、やっぱ、即日ってのは重かろうが軽かろうが、無理があるわけで、ホント、ひとりで旅して、記事も写真もウェブも、雑誌も何もかもってのは無理があるな。 考えてみれば、今よりもっともっとフルでツアーを回っていたころは、フィルムの時代で、写真が帰ってからじゃないと見れないじゃん、その場では現像しないから。だからそんなタイムスケールでのんびりやってて、みんなも後から出る本を楽しみにしてたんだろうけど、今はね、ライブだもんね。 試合が終わった時点でみんなが結果は知っているわけで、そこで結果云々というか、どんな波で、誰が誰に負けて、誰が勝って、素晴らしい大会だった……おしまい。 みたいなレポートはアホじゃん、マジで。無用の長物。 そのレポーターなりの目線だったり、さまざまなコンテストやサーファーに関する知識の上に立った上でのレポート、要は、玄人目線のレポートじゃないと意味が無いわけよ。後追いになるんだから。しかもその玄人の目が正しくないと、変なほうにいっちゃう。 なんかね、それはもちろん昔から、普通のレポートとは一線を画していたはずなんだけど、それをやるにはというか、それができるようになるには、とても長い時間の経験と、コミュニケーション、そしてそれを得るための時間と努力と投資が必要なわけで、今の時代、そんなことやろうとする人はいないわけよね。 なんてこと考えてたら、う~ん、私ってバカみたい、とか思っちゃって、何を語ろうとしてたのかわからなくなっちゃったけど、今日のところは、パイプレポート、ギャラリー、よろしく。

Billabong...

2010年のビラボンプロパイプマスターズ・イン・メモリー・オブ・アンディ・アイアンズは、早いラウンドから間違いなくケリーの勝ちだとほとんどの人が思っていたが、そのケリーを最後の最後に逆転してセミファイナルでストップした、ジェレミー・フローレスが優勝。ヨーロッパ勢では初のパイプマスターになった。残り4分ぐらいでケリーにプライオリティを握られたジェレミーは、その逆転の波が来たとき、アンディのことが心をよぎったという。本当にアンディが彼に味方していたかのように、その後のファイナルでも最後の最後に逆転。セミもファイナルも、ベストなタイミングでミラクルな波がジェレミーのところに入ってきた。でも、勝因は波ではなく、その来たチャンスの波で、ジェレミーが全くミスをしなかったことだと私は思う。ノーミス。アンラッキーもナシ。普通ならどんないい波が来て、完全にメイクできるような場合でも、チューブ勝負になるとちょっとしたコブにつかまったり、引っかかったりというアンラッキーがありがちだ。でもそれすらなかった。すべてジェレミーの思うとおり、というか、理想的な展開。落とし穴ナシ。それはしつこすぎるでしょ、というぐらいしつこくストールしてても、ギリギリのところで抜けてきた。なんか、波運というより、そのノーミス、ノーアンラッキーのあたりに、アンディなのか、神様なのかがついていたのかもしれない。ケリー。間違いなく優勝候補の筆頭だった。明らかにひとりだけ違うチャージ。最も違うのはそのスピードだ。同じ10メートルのチューブを抜けるのでも、移動する早さが違うというか、かかる時間が違うというか、つまり、他の選手が乗っている波よりケリーの乗っている波のほうがずっとダンパーに近い。そのスピードの差は肉眼でわかるぐらいだ。いや、肉眼でなければわからないのかもしれない。なぜなら、そのスピードの差にポイントの差が出ていなかったから。今ジャッジは肉眼でも見るけど、確認のためにリプレイを見て判断する。もしかしたらビデオで見るとその差がわかりにくいのかもしれない。だって、そうやってディテールを見るとなると、スピードよりはチューブの深さや長さ、出方のクリーンさとか、そっちに目がいってしまうから、全体像であるスピードには注意が向きにくいんじゃないかと思う。ただ、肉眼で見ているとダイレクトに、うわっ、早いし、って印象だけが焼きつくんだよな。ケリーはこの日のセミで、最初にジェレミーに波を乗らせたのが自分のミスだった(ジェレミーはそれで9.57を出してリードする)と分析しているけど、しいて言えばそうなのかもしれない。最後、自分がプライオリティを握りながらジェレミーに乗らせた波は、何をどうひっくり返したところで、6点台。まだ時間はあったから、そこで自分がその波に手を出してジェレミーにプライオリティを渡すような事は出来なかったと思う。そのほうが危険。結果的にその波で7.67必要なところを8点近く出して逆転してしまうのだけど、あれはミスとはいえないと思う。間違いなく乗らせてもいいカス波だったから、それをダイヤモンドに変えたジェレミーの執念勝ちだな。キーランはもうぱっくり開いたバックドアバレルを選べる天才。もちろん抜けるテクニックもあるんだけど、抜けるテクニックというよりはそういう波を選ぶテクニック。素晴らしかった。どのラウンドでも、そのヒートに入った9点台の波は確実にキーランが手にしてたから。デーン・レイノルズはやっぱり、あの快進撃が続かないところがミソだな。あれが一試合のファイナルまでの全ヒートで上手くペース配分できるようになれば、ワールドタイトルはあなたのものです。って感じだけどね。 text...

ビラボンパイプマスターズレポートUPとフランクさん

ビラボンパイプマスターズのレポート、F+サイトのニュースにあげました。 上のナビバーからどうぞ。 どうなのかね、今後、F+としては、コンテストとかはこうやって早いうちにサイトに上げて済ましちゃおうと思うんだけど……。どうなんだろう? 雑誌のF+のほうではバックステージとか、そっち系の写真ギャラリーみたいなことでどうでしょうかね? それとも同じでいいから雑誌で改めてもっとたくさん写真つけて見たいの? って聞かれても、返事のしようがないか、今のところ一方通行だから。 で、その作業やってるうちに思い出したんだけど、アンディのパドルアウトセレモニーね。初日の8日に予定されてて、12月11日に変更されて、結局パドルアウトそのものがキャンセルされちゃって、ファイナル前の黙祷のみになったんだけど、それはどうしたわけかというと、まず、アンディの家族がもういいです、みたいな感じでやりたがらなかったこと。奥さんのリンディも出産とかあってごたごたしてたし。 もうひとつは選手がやりたからなかったこと。 WTの選手たちはすでにプエルトリコでパドルアウトのセレモニーを済ましていたし、ハワイアンたちはカウアイで行われたお葬式のときにパドルアウトしてるし、選手としては試合に集中したいってのもあったようだ。とにかく、最終戦だからね。 よって、予定されていたアンディがらみのパイプでのセレモニーはすべてキャンセルになったってわけ。 で、このネコは誰なのかというと、私の住んでいるうちのフランクさんというオスネコ。 フランクさんは、つい「さん」をつけてしまいたくなるほど、野生風味たっぷりのクールキャット。ビーチにネコってのもなんか妙な感じなんだけど、ビーチフロントのこの家に飼われているので、ビーチはお庭なわけよ、フランクさんとしては。 毎晩私のベッドの上で寝てて、明け方になるとビーチに出て行く、実にサーファー的生活のフランクさんです。

ビラボンパイプマスターズ、ラウンド3-5ハイライトアップ

ビラボンプロパイプマスターズの2日目のハイライトシーン、ラウンド3から5までのハイライトが字幕つきでF+サイトにアップされているので、チェックよろしく。ちょっとまだ改良の余地があるんだけど、とりあえず。 今朝、ドリアン一家はご帰宅。 今回は子供たちもいてにぎやかだったんで、今日からいきなり静かな我が家。 シェーンはウェブサイトでコメンテーティングをするお仕事があったので、ファイナルデーまでいたんだけど、シェーンとしてはこのコメンテーティングのお仕事がお気に入りの様子で、しかも評判も良く、この先のビラボンのイベントで活躍することになりそう。 しかし、シェーンとかがしゃべってるのはウェブのライブの音声で、ビーチに流れているのとは全く別のもの。だから私のようにビーチにいる人にはわかんないのよね、なにしゃべってるのか。 でも、基本的に英語がわかる人は、あのライブのコメンテートって、すごくいろんな情報満載で、面白いと思う。日本語のサイトじゃ言わない情報もたくさんあるし……あれを日本語に出来たらいいのに。 ま、いろいろ詳しいパイプのレポート総集編は、明日あたりにF+ニュースにアップできると思う。と思う……のあたりは私のやる気次第ってこと。

ジェレミー初優勝

> ちょっと遅くなりましたが、朝っぱらからジェレミー・フローレスとか言われても困るでしょ。だから数時間かけて、ランチ、ビールを先にやらせていただきました。 2010年パイプマスターはヨーロピアン初の優勝、しかも彼自身もワールトツアー初優勝のジェレミー・フローレス。2位がキーラン・ペロウ。どっちも初のパイプファイナル、初のWTファイナル。 クオーターファイナルに残った8人の中の組み合わせで最も地味な感じになったけど、これは想定内だったな。今さらだけど、実は昨日、順当ならケリー……のあとに大穴ならこのふたりを書こうとして、それはあまりにも偏りすぎなのか? と思ってやめといたんだよ、オバサンももうカドの取れた大人だから。う~ん、子供でいればよかった。 でもね、こう転ぶ可能性は大いにあった。なぜなら、ラウンドワンからこのふたりは、ずっと妙な波運を持っていて、波数が少なくなれば少なくなるほど、いい波は確実に彼らの元に入ってたし、ラストセカンドでの逆転とか続いてたから。 今日のファイナルは、彼らの後ろについてる神様同士の、どっちの神通力が強いかの争い。最初にペースセットしたのはキーランで、終盤までリード。あぁ、キーランがルーク・イーガンとかパーコちゃんに担がれて上がってくるんだな、と思っていたら、ジェレミーに目が覚めるような波が入って、きっちりそれをメイクしての逆転勝利。ジェレミーについてた神様の勝ちだった。 ケリーが担ぐほうにいるって、珍しい。写真の左隅に写ってるでしょ。 セミで最後にジェレミーに逆転勝ちされたケリー。残り3分ぐらいでプライオリティを握って、ジェレミーに必要だったのは確か7.67。普通ならこれ、確実にもう試合終了モード。ケリー相手にパイプでこのシチュエーションに追い込まれたらノーチャンスだ。 あれだけ詰めのしっかりしているケリーが、終盤に入ってきた波をインサイドにいたジェレミーに乗らせる。でも乗らせた時点では、その波はジェレミーが逆転に必要だった7.67には程遠く、6点台の波。だからミスともいえないミスなんだけど、その6点の波をハイセブンに持っていったのがジェレミーの執念というか、なんと言うか……これはいつもならケリーのほうがやるパターンだ。 サイズは小さかったけど、あそこまでしつこくチューブに入っていられると、ハイセブン出したくなっちゃうよな。ビーチ大騒ぎだったし。ケリーは笑顔で(これは見えた)ラインナップに戻ってくるジェレミーに、いったいあの波で何したんだよ、って聞いてた(と思う)。 ま、反対に転がればファイナルはケリー対デーン・レイノルズってのもあったわけだけど、今回は穴へ穴へ。でも、これでヨーロッパのサーフィン業界に弾みがついたな。 ジョーディの優勝で南アフリカに弾みつくし、ジェレミーの優勝でヨーロッパに弾みつくし、いいなぁ、みんな。日本ってどうなっちゃうんだろう。 トリプルクラウンはクオーターファイナルでエイドリアン・バッカンがケリーに負けた時点でパーコちゃんに。3年連続のタイトル。ま、本人はここで1ヒートも勝ってないのに、ってぼやいてたけど。 時はまだ朝9時前。ちょうど私の座っている真後ろの家にパーコちゃんがいたわけだけど、コーヒーとシャンペンのチャンポンってどうなの? 詳しいコンテストレポートやパイプフォトギャラリーは、近日中にF+サイトのニュース、およびギャラリーにアップしますので、チェックよろしく。

ケリー安定、ステトリプルクラウン

予定通りの水曜日。予報はダウングレードされたけど、実際の波は、思っていたよりでかくて、4フィートとか? スウェルがどんどん入ってくるようになれば時々6フィートセットとか入って、美しいな、ハワイはやっぱり。 白砂のビーチに落ちるヤシの木の影、そしてその向こうにはエメラルドグリーンのパーフェクトウエイブ、順光バキバキ。 特に今年のパイプは砂がまだたくさんたまってて、座るとあまりよく見えないもんだから、みんな波打ち際に立って観戦。いつもならビーチを埋め尽くすギャラリーでヤシの木の影もなかなかきれいに見えないんだけど、今年はみんな波打ち際にラインナップで、ゴールドコーストみたいな絵ズラになってる。だから空っぽの砂浜に美しい影なわけよ。 で、今日は入り始めのスウェルからきっちりフルに使って、デュアルヒートも使って超ロングデー。ラウンド3、4、5、そして女子のトリプルクラウン決定戦が行われた。 そうねぇ、やっぱテクニカル的にはケリーだね。安定感が全く違うし。 ほとんどがバックドアの波だったんだけど、時折パイプもきて、それ全く逃さなかったからな。 今大会初めての10点満点は、ケリーのあまりにもクリーンでケチのつけようの無いバックドア。そんなに深さは感じなかったけど、パックリ開いた波だった。ジャッジ全員10点のパーフェクトテン。10点は今のところまだこれ1本だと思う。 ケリーが何でひとりだけ黄色ゼッケンなのかというと、ワールドランキング(共通ランキング)の現在1位の選手は黄色をつけることになったのよ。 新しいシステムは、こういうディテールとかの部分でまだまだ変更や改良があると思う。 さて、本日のドラマの幕開けは、ラウンド3のダスティ・ペイン。2度もコンビネーションに追い込まれながら、ホーンとほぼ同時にテイクオフしたバックドアバレルで9.87、ファニングに逆転勝ちしてリクオリファイを決めた。しかしその後、ラウンド5でキーラン・ペロウに劇的な逆転を食らうことになる。途中で板を折ったりして、9.67が必要なところまで追い込まれたキーランがラストのセットにテイクオフ。もうその波は入ってきたときに、これしかないでしょ、って波だった。クリーンなドでかいバックドアのスタンディングバレルをきっちりメイク。これに9.90がついてキーランの逆転勝ち。 でもね、実はその後キーラン、車のカギ無くしてビーチに探しに来たりしてて、う~ん、やっぱ世の中バランスなのよね、と思った。 本日の最終ヒートは女子のトリプルクラウン決定戦。女子はハレイワとサンセットの2試合しかなかったので、そのトータルポイントの上位4人でパイプでトリプルクラウンの座を決めることになっていた。女子初めてのパイプの試合。 これはもうステファニー・ギルモアの独壇場。今日のバックドアの波をコントロールできているのはステファニーだけだったように見えた。ヒート終了後、16歳のタイラー・ライト(オウエンの妹)もバックドアを抜けけど、時すでに遅し。タイトルはステファニーに。 明日このスウェルの残りが少しでもあれば、ファイナルまでやってしまうと思う。その可能性高し。

アンディギャラリー完結

> 連日のキャンセルのおかげで、アンディ2008アップ完了。これで一応アンディのフ ォトギャラリーすべてアップ完了。1995年から2010年まで、200枚以上の写真が上がってます。年代ごとに分けてあるけど、日本での思い出のある人も多いはず。 すべてではないけど、ワタシが撮影してきた15年にわたるアンディコレクションです。懐かしんでください。 なんかね、近年、ケリーの第2次ピークが来てからいいところがなかったアンディだったね。ま、そのケリーを2度目のピークに押し上げたのが、アンディなんだけど。 特にこの2008年っていう年は本当にケリー一色の年で、ワタシが行った試合はすべてケリーが優勝という、なんともそんなこともあるんだ、みたいな年だった。 年間11戦中半分以上の6勝だもんな、表彰式の写真、ケリーしかないし(笑)。 ま、アンディがちょっと休みたくなるというか、仕切りなおしたくなる気持ちもわからないではないな。 2006年ケリーV8、2007年ファニング初タイトル、2008年ケリーV9、2009年ファニングV2、2010年ケリーV10と5年間ワールドタイトルをこのふたりでずっと取ってたんだな、と今さらながらに思った。アンディ、ケリーってのは、ONとか若貴とかみたいな(古くてすみません)2大巨頭のはずなんだけど、記録をさらってみれば実はこの5年間、ファニング、ケリーだったりして。 ま、その前のV3の頃のアンディの印象があまりにも強いんだろうな。それに個性の強い選手だし。でも結局は、最初にどん底に落とされたケリーが這い上がってきて、アンディが這い上がろうともがいているうちに命を落としてしまうって、なんか皮肉というか、運命のいたずらというか……ま、どっちにしてもこの10年のサーフィンを引っ張って来たのはこのふたりということに疑問をさしはさむ余地はないんだけどね。 試合は明日だと思うけど、予報がなんかちょっと弱腰になってきていて、なんともいえない。頭ぐらいでやるっていうならオンなんじゃないのかな。週末の大きいスウェルを待つと、雨だったりするようだし。どっちにしても今シーズンのパイプマスターズは、最後までいい波には恵まれないような予報が出てます。

アンディギャラリー連日アップ

今日もオフ。 今日はドリアン一家とおうちでスシナイトの予定。 アンディ2007年もアップしました。連日更新。頑張ってるな、ワタシ。 でも今回のハワイはけっこうボケボケしてて、忘れ物の嵐なのよね。 何が一番すごかったかって、レンタカー借りるの忘れてましたから。 なんか、前回のおフランスのときに、成田においておく車の駐車場(クラウンパーキングをご愛用)も段取りしたし、チケットも一緒に手配しちゃったので、なんか、すべて終わってるような気になってたわけよ。 で、夜の飛行機だし、余裕で当日に支度すればいいじゃん、なんて思ってて、とにかくF+関連で、オバサンはハゲが出来るほど追い込まれてるので、旅の準備はすべて当日だったのね。 出発の朝、布団の中でシュミレーション。う~ん、これから支度して成田いくじゃ~ん、車クラウンのオネェサンにあずけるじゃ~ん、飛行機のるじゃ~ん、あぁ、そうだ、空港であれ買って、これ買って……ホノルル着くじゃ~ん、イミグレ通って……あ、レンタカー借りて無いじゃん。みたいな。 もうね、ハワイは高いんですよ、レンタカー。普通の弾丸ツアーみたいに1週間とかならいいけど、3週間近くになると、けっこうな金額になるわけで、一瞬パニック。御用達のトラベルエージェント、アイランズブルーが開くのを待って、即電話。正子ちゃんに泣きつき。 正子ちゃんはワタシが湘南ガールだった頃からのお付き合いです。 しかしな、いまやインターネット時代ですごいな。メールでPDFバウチャーゲット、プリントアウトして、当日で間に合っちゃったもん。なんとかオッケーでした。アイランズブルーのレンタカー(アラモ保険つき)、安いですよ、マジで。特に長期はオススメ。ただ、現地で頼みもしないのに勝手にロードサービスとか、ガソリン空返却オッケーとか、つけられちゃうことが多いので、そこはきっちり契約書と払う金額(バウチャーは日本払いなので、現地ではタックス等のみ支払い)を確認しないとだまされるけど。 今回も何もオプショナル契約はしないって言ったのに、ちゃっかりロードサービスが1日4ドルぐらいで付いてたし。1週間なら30ドルぐらいだけど、3週間になればタックス込みで100ドル近いからね。で、いらないってのに、断るとなるとつべこべ言うやつがいるのよ、ホノルルのアラモ。すごい感じ悪い人いるよ、女で。 でね、到着して発覚した忘れ物は、flow036を持ってくるの忘れました。それから、薬とかツメきりとか鏡とか、はさみとか、何でも出てくる旅の魔法の小袋、袋ごとすっかり忘れました。 なんかね、慣れるって、ヤバいな。 でも最低パスポートと免許証、クレジットカードがあれば、海外旅行は何とかなるわけだけど。

アンディ2006よろしく

ようやく晴れたんだけど、波のない日々が続きます。 試合はキャンセル。アンディのセレモニーもキャンセル。 たぶん、みんなが集まるときにやろうって話なんだと思う。朝、キャンセルが決まっちゃえば、みんな週末だからそれぞれに予定が出来るだろうしね。 昨日あたりはラニアケアとかすごく良かったみたいで、シェーンもケリーといっしょにどこかへサーフィンに出かけてました。 そう、パイプだけがダメな感じ? スウェルディレクションが合わないって、ホント、すごいな。 私は1日お仕事。アンディ2006年ギャラリー、アップしました。 F+Digital→ギャラリーでよろしく。 あと2007、2008でとりあえずアンディギャラリーも終了するな。このオフの間に何とかやっつけちゃおうと思ってます。おたのしみに。 昨日はシェーンのお母さんと息子がビッグアイランドから来て、ドリアン一家勢ぞろい。シェーン、リサ夫妻に息子のジャクソン、妹のチャーリー、そしておばぁちゃんのスージー。せっかくだからみんなで家族写真撮らせてもらって、シェーンにインタビューもさせてもらいました。ま、ここまでのシェーンのサーフィンキャリアの成功のコツみたいな話が中心。 プロを目ざす日本の若者は、耳かっぽじって良くお聞き、って内容だな。甘えんじゃないよ、みたいな。日本人サーファーの甘えぶりは、すでに外人サーファーにはバレバレでしたね。あぁ、恐ろしい。ま、雑誌のほうのF+でお楽しみに。 シリーズにしようかな、現オールドスクール、あの頃ニュースクール。flowな人たち黄金世代インタビューシリーズ。ロブとパット、シェーンが終わってるから、後テイラー、ケリー、ロスとかでコンプリートでしょ、モーメンタム世代は。それはそれで、同窓会っぽくて楽しいもんな、私としては。