著者 からの投稿 F+編集長

F+編集長

1526 投稿 0 コメント

ボルコムパイプ、ジョンジョン優勝

ハワイのパイプラインで行われていたボルコムパイププロで、18歳のジョンジョン・フローレンスが優勝し、優勝賞金120000ドルをゲットした。 わずか8歳の頃からここでサーフィンを始めたジョンジョン。当時は背だってやたら低かったし、ボードがでかく見えてかわいかった。しかし、10年後の今では見上げるほど背も伸びて、ボードが小さく見えるしまつ。なんか、華奢な感じが若い頃のゲビン・ベッシェンみたいに見えるね、写真じゃ。 で、まだ18歳ながら、10年というベテラン同様の経験を積んでいるので、ここでは若手というカテゴリーには入らないだろうな。超若手なんだけど。 もちろんジョンジョンにとって、このパイプで優勝するということには特別な意味がある。ジェイミー・オブライエンと似たような感じ。自分の育った裏庭がこのパイプ、バックドアのピーク。ホームブレイクでの優勝はまた格別だ。 しかも先ごろ行われたバックドアシュートアウトに続いてこのピークでの2試合連続勝利。勢いに乗っているというか、2011年はジョンジョン旋風でスタートした様相になった。 その上、ジョンジョンは今シーズン、WTクオリファイを目指してスターツアーを意欲的に回る計画を立てている。 このASPの試合で初のファイナル、そして初優勝は大きな経験になっていると思うし、シーズン序盤の幸先のいいスタートになった。 初のファイナル進出で優勝を決める、ってあたりになんかスター性というか、来るのかな、という感じがしないでもないけど、まぁ、世界中で自分がもっとも得意としている場所での試合ということで、世の中そうすんなりは行かないんじゃないかな、とは思うけど、こういうチャンスを逃さずきちんと優勝するというのは、若いながらもさすがのキャリアかな。 何度もファイナルに行っても優勝できない選手がたくさんいる中で、初ファイナル初優勝というのはやりなにかを持ってるということなんだろう。ま、優勝経験という部分では、これでデーンを超えたわけだし。 デーン・レイノルズね、優勝経験ないんですよ、信じがたいことに。 以下、2位ジェイミー・オブライエン、3位クリス・ワード、4位アーミオン・グッドウィン

2011年ASPワールドツアー第6戦の開催地はニューヨーク! 賞金総額100万ドル!

クイックシルバーとASPインターナショナルは2011年ASPワールドツアー第6戦を「クイックシルバー・プロ・ニューヨーク」と題し、ニューヨーク州ロングビーチで9月4日ー15日の日程で開催することを発表した。アメリカの東海岸で開催される初のワールドツアーは、賞金総額は100万ドルという、プロサーフィン史上最高金額の大会になることも発表された。クイックシルバーCEOのボブ・マックナイトは「今年の9月に、しかもニューヨークで世界最大のプロサーフィンコンテストを主催できることになり、本当に光栄でうれしく思う。東海岸にはこれまで多くのサーファーやサーフィンファンがいたが、彼らはついにロングビーチで世界最高峰のサーファー、サーフィンを見ることができるんだ。また私たちは、クイックシルバー、ロキシー、DCシューズのベストライダー達を世界のメディアの中心ともいえる、ニューヨークシティに集結させるつもりだ。12日間にわたる、サーフィン、スケート、BMX、ファッション、アート、音楽で表現されるアクションスポーツカルチャー、ライフスタイルにはきっと世界中が注目するはずだ。」と語った。ASPインターナショナルのCEOブロディ・カーは「世界最高のサーファーをアメリカ東海岸に集結させるのに加え、クイックシルバーは史上初めて賞金総額100万ドルを掲げることで、これまで境界線を超えることになった。これはクイックシルバーのサーフィンに対する情熱の現れであり、私たちASPはサーフィン史上最も素晴らしいイベントにするため、クイックシルバー、ASPのトップ34のサーファー達と協力していく」と表明した。開催地であるニューヨーク州ロングビーチは、東海岸ではよく知られたサーフスポットであるが、ASPワールドツアーの開催ができる程の波はブレイクするのか? クイックシルバープロ・ニューヨークのオフィシャル波予報のsurfline.comによると、約15年間にわたる研究調査により、9月4日ー15日の期間が最もコンディションに一貫性があるとし、場合によっては世界でも有名な他のサーフスポットと同程度のコンディションになると見込んでいるという。また2011年はラニーニャ現象の年であり、大西洋側でハリケーンが活発になり、その影響も予想されるとのことだ。10×チャンプのケリー・スレーターは「小さい頃に兄のショーンや友達とロングアイランドのグッドウェイブでサーフィンしたよ。今回の大会はとてもユニークで未知の世界だね。すでにサーフカルチャーが根付いていて、有名なサーフショップもあるニューヨークでのASPは楽しくなること間違いないね!」と語っている。まだまだイベントの全貌は明らかになってはいないが、ともかく、「クイックシルバー・プロ・ニューヨーク」は史上最大規模のサーフィンコンテストになることは間違いなく、大会開催までの動向に注目したい。

パイプ・バックドアのパーフェクトデー...

<img src="http://www.fplussurf.com/photo/先日ブログにも書いたけど、例のワイメア騒動の後のパイプバックドアのパーフェクトデー。早速ジョリさんからレポートが届いた。写真は1月22日のものが多いので、ワイメア騒動の翌々日に当たる。確かに最高の波。そりゃね、ケリーの笑顔も理解できるね。11月、12月ってハワイにいたのに、1月にまたすぐ戻るなんて考えてもいなかったけど、ゴールドコーストの家のパソコンで、太平洋を進むストームを見てたらじっとしていられなくなって、そのストームのもたらす波のピークの木曜日に間に合うように、水曜日の夜の飛行機に飛び乗ったんだ。日本と同じで時差があるから、ハワイには同日につけるからね。結局エディはやらなかったけど、この旅で僕がゲットした写真は、15ー20フィートのワイメア、そして6ー15フィートのパーフェクトなウエストスウェルのパイプ、バックドア。ま、悪くはないよね。で、今、もうオーストラリアに向けて帰ってる途中。だって今度は、ゴールドコーストに来そうなサイクロンアンソニーと、サイクロンウィルマが気になってしょうがないから。それらのサイクロンがうまい具合に来ていい写真が取れたら、また送るね。Cheers(カンパーイ)写真レイトシーズンらしい静かなビーチに、このすばらしいAフレーム。さすがハワイケリー・スレーター。この人はこの時点でこんなに奥にいるのに、超余裕。あわててる感がまったくないのがすごいなトム・キャロルとケリー。これだけ波がよければサーファーなら誰だってゴキゲン。バイブスがモロ伝わるような笑顔も出ちゃうってものジェレミー・フローレス。パイプマスターとなった今、そのライディングからは自信があふれている感じダニー・フラー。完璧なウエストスウェルのパイプライン"

パイプ爆発みたいよ

なんかね、ワイメアはなかったけど、その後のスウェルで、ここ数日パイプが超よかったらしいよ。何でもこの冬一番で、これ以上よくなることもないだろうって言うぐらいの極上の波。誰もが今シーズン一番の波に乗ったんじゃないだろうかって話だったな。ホント、いい波だね。クリーンだし。 写真はアレックス・グレイ。 ケリーとジェイミー・オブライエンがふたりで同じチューブに入ったんだそうだよ。 ケリーにジェイミーがドロップイン。 ま、ケリーのほうが奥にいられるだろうな。 ダブルチューブの写真はなかったと思うけど、そのすんばらしいパイプの動画や写真はボルコムパイププロのオフィシャルページに上がってるよん。で、しばらくスウェルが持ちそうなので、明日からこの4スター、ボルコムパイププロがスタートしそうだって話。 もうね、日本寒い、イコールハワイの波すてき、ってお約束だから。 ライブウェブもあるようなので、あったかいお部屋でお楽しみください。

エディ、行かず

日本でも(ごく一部のオタクだけだと思うけど)現地でも、バタバタしたザ・クイックシルバー・イン・メモリー・オブ・エディ・アイカウ、長いな、ホント。以下エディとしようか。 ま、即に言うワイメアのビッグウエイブコンテストですね。 ハワイのオアフ島、ノースショアのワイメアベイに立つ、20フィート以上の波でだけ行われるこのコンテストは、12月から2月までの長いコンテストピリオドをもうけてその日を待つ。 これがなかなか来ないわけよ。今までに開催されたのって、8回だけとかじゃないかな。私何回見たかな。4回以上見てるかな。初めて見たときはそれは興奮したものだよ。 なかなかね、コンテストが終わるまで、つまり終日20フィート以上のいいコンディションのワイメアってのもかなりレアなわけで、たいてい朝はいいけど午後から風が入ってよくなくなるとか、セットの間隔が長すぎるとか、そんな感じ。 今回はサイズ的にもギリギリで、しかもセットの間隔が長すぎてアウトということ。 でも現地スパイ情報によれば、テレビでは連日このコンテストの話で盛り上げるだけ盛り上げてたようなので、その気になって暗いうちからやってきたギャラリーで、ワイメアベイ界隈のカメハメハハイウェイは大混乱だったようだ。 ま、写真のような波を見ただけでも大混乱に巻き込まれる価値があるのかもしれないね。 でも来週にもまた同じレベルのでかいスウェルがやってくる予報が出ているようなので、ノースショア界隈はまだ落ち着かないんだろうと思う。 あの近辺のビーチフロントの家にとっては、その高波情報は死活問題というか、家を守るためには必要不可欠な情報なので、引き続きピリピリといったところ。 写真はすべて現地木曜日のもの。 all photos...

The...

つい先日キラの2011年のファーストスウェルのレポートしてくれたかと思ったら、もうハワイのワイメアベイにいたジョリさん。フットワークの軽さに頭が下がると同時に、心強いF+特派員だな、と再認識。すばらしいです。パチパチパチ現地時間の20日木曜日、朝暗いうちから会場入り。すでにカメハメハハイウェイ周辺は車でいっぱい、その時間帯は雨にもかかわらず会場にはすでにギャラリーの姿も見られた。その日、クイックシルバー・イン・メモリー・オブ・エディ・アイカウがほぼ開催されると予想されたためだ。しかし、コールは限りなくオンに近いキャンセルだった。セットの数が少なく波がコンスタントに来なかったため、コンテスト開催を決めるジョージ・ダウニングとアイカウファミリーはキャンセルを決断することになった。しかしラインナップはフリーサーファーであふれ、そのライディングやワイプアウトに、集まったビーチのギャラリーたちからは、ため息や歓声が。限りなくオンに近かったワイメアベイからの写真をどうぞ写真上からジェイミー・オブライエンノースの冬の、朝6時、まだ真っ暗なのにこのギャラリー明るくなってきる頃には雨も上がり、すでにビーチはノースペースワイメアベイのラインナップトム・キャロルキャンセルでもこの迫力のビッグウエイブセッションに、ギャラリーは満足"

今年初のスウェルがキラにヒット! / Joli...

先週末、1月16日の日曜日の朝、サイクロンVANIAのスウェルがゴールドコーストにヒット。ソリッドな6フィートレンジの波をサーファーたちにプレゼントしてくれた。スナッパーロックスからグリーンマウント、キラという海岸線はスウェルから送られてくる波のライン、ライン、ライン。それは美しかった。キラはパーフェクトに近いコンディション。ミック・ファニングやディーン・モリソンなど。ローカルたちが極上のバレルを楽しんだ。その日はキラがまるで昔のキラに戻ったような感じ。スウェルさえ入ればこのバレル。現在のキラのポテンシャルを十分に証明した。2月26日からのクイックシルバープロに、タイミングよくこんなサイクロンがヒットしてくれれば……。写真上からクラシックなキラのラインナップ。昔と少しだけ違うのは、砂の多さミック・ファニングディーン・モリソンスナッパーロックスのラインナップ"

新幹線ストップ

新幹線のダイヤが乱れて何万人の足に影響が出た、みたいなニュースはしょせんいつも他人事で、たいへんねぇ、みんな閉じ込められちゃってぇ……なんて思いながらこたつでテレビ見てるわけだけど、私今日、その何万分の一になりました。 上越新幹線で熊谷に行く用事があって、しかも熊谷駅に午前10時前に到着するという無謀なスケジュールで、朝6時起きの一宮7時17分発快速東京行きを蘇我で京葉線快速に乗り換え、ぎりぎりで京葉線地下ホーム(これがとんでもない場所にある)から心臓破りのエスカレーターも膝ガクガクで上る上る、新幹線乗り場まで走る走る。 で、わき目も振らずにホームに上がると、どうも様子がおかしい。 私がホームに上がったのは発車予定時刻2分前だから、もうとっくに乗客は乗ってるはずなのに、ドアが閉まってるのよね。で、あれれ、と思って放送を聴いていると、信号システムのトラブル(後半は運行システムのトラブルに変わった)で全線ストップしているというだけで、それ以外の情報なし。 ま、でも熊谷となると動いてしまえば新幹線で40分なので、1時間待っても在来線より早いし、と思い待つことにした。 でも待てど暮らせどで、最初は在来線をご検討くださいだった放送も、在来線をご利用下さいにトーンが変わり、その頃になると、どう見ても本職の脚立持参の報道カメラマンとかがホームに写真撮りに来たりしてて、おいおい、もしかして大変なことになってるのか? みたいな。 私の前に並んでたおじさんは、富山に行くんだけど、雪で飛行機が危なそうだからあえて新幹線にしたのに、という裏目。 で、最終的に復旧の見通しは立っていませんという放送があったのが1時間以上たってから。 えぇ~、今から列並んで払い戻しして上野から在来線かよ、とうんざりして改札を戻ろうと下に降りると、もう改札の前はテレビカメラや報道陣でいっぱい。私スキャンダルに巻き込まれた芸能人気分よ、もう。 で、カメラをかき分けて上野方面に向かおうとしたそのとき、1台だけ発車するという放送。全席指定の東北方面。でも大宮は止まるので、乗っちゃえ~とほかの同じような指定券持たない人々とデッキに立ち、大宮に着くと、後続列車が1時間以上遅れでやってきている。よって結局1時間半遅れのもともと乗る予定だった電車に乗り継ぎ、熊谷まで。 なんかね、このパニックの中、臨時のダイヤグラム引く職人おじさんとか、運営システム中枢の緊迫ぶりとか、すごく見たかったなぁ。そういうの興味あるのよ、私。佐藤浩市ふうのキレモノ指揮官が、てきぱきと危機管理みたいなさ、絵が見えちゃうじゃん。 JRの皆様、お疲れ様でした。 あ、私もじゃん。

デーン・レイノルズが膝の手術へ

デーン・レイノルズが先日膝の手術をして、どうやら開幕戦のクイックシルバープロには間に合いそうもないというアンラッキーなニュースが入ってきた。ま、あのド派手な波乗りを見てると、膝を壊すのも無理はないかな、という感じがする。実は昨シーズンにハワイ入りした時から膝の状態は良くなかったらしいが、とどめはハワイでの数本のエアーのランディングだったようだ。ハワイの波はパワーがある分スピードもハンパじゃなく出て、エアーの高さも相当なものになる。もちろんそんな高さからランディングすれば、その衝撃を吸収する膝には大きな負担がかかることになる。思えば普通なら高く飛び出したまま、波の裏側に行くようなハイエアーを普通にランディングしようとしてたもんな。あれはね、デーンじゃなくても膝壊れるって。プロサーファーと膝の故障というのはセットモンのような関係で、エアーやフローターの着地で膝を壊したという話は本当に良く耳にする。他のスポーツでもよく聞く、アスリートとしては致命的な前十字靭帯の手術ではないのが、不幸中の幸いといえば、そうかもしれない。完全復帰までには約10週間もかかるという話だから、2011年WT第1戦のゴールドコーストには間に合わないだろうけど、ケリー・スレーターも認める世界一エキサイティングなサーフィンをするデーンが復活するのを祈るばかりだ。あまり知られてないけど、デーンは身体が堅い。おいおい、ちゃんと柔軟してるのか? ってくらい堅いから、リハビリもきついだろうし、それを彼がをきっちりやるかどうかがちょっと心配。何しろマイペースな不思議くんだから。しばらく見れないだろうデーンの映像をF+VIDEOにアップしてあるので、ご覧あれ。http://www.fplussurf.com/listvideo.html"

アル・メリックにインタビュー

<img src="http://www.fplussurf.com/photo/シェイパーのレジェンド、アル・メリックにインタビュー。ケリー・モデルについて、そして彼なりのこだわりや改良点について聞いてみた。初めてシェイプしたボードは、どんなボードーAM:サーフボードハワイのサーフチームのライダーだった頃、ジョン・プライスと一緒にボードデザイン作業をしたことがある。僕はいつも海に入ってばかりだったけど、ジョンにいろいろ提案したりしてノーズライダーを作ったんだ。自分自身で始めてシェイプしたのは確か7‘6”。「ザ・シュー」って呼んでた。ノーズのキックがハンパなくて、妖精の靴のつま先みたいにとんがって反り返ってたから。なぜシェイパーという仕事を選んだのーAM:単純に、自分の乗るボードが作りたかったんだよ。元々ものづくりをしていたし、手先は器用な方だと思っていたから、自然にそうなったね。常にサーフボード・デザインの最先端にいる秘訣はーAM:すべて、サーファーたちと僕らのサーフチームのおかげだと思っている。僕は進化し続けるサーフィンのレベルに合わせようと頑張っているだけさ。自分がどういうものを欲しいかという考え方でなく、彼らがどういうものを要求しているか、ということに集中して取り組んでいる。すべては乗ってくれるサーファーたちのおかげだよ。シェイパーとして仕事を始めた頃、誰のどういう部分に刺激を受けたーAM:ディック・ブルワーに刺激を受けたね。彼は、ミニガンをはじめ、独自のボードを色々制作していてすごく革新的だった。それに、彼は様々な道具をシェイプに使っていて、その道具の使い方にも影響を受けたな。ケリー・スレーターがチームにいるって、どんな感じーAM:ケリーとは良い友人という関係。それが僕にとってはとても大切なことなんだ。彼がチームにいることは、チャネルアイランドというブランドの成長にとって不可欠であることはもちろんだけど、僕個人としても彼との友情を築けたことが最高に嬉しいね。ケリーがいることで、自分のシェイプがさらに進化しているということはあるーAM:まさにそのとおりだね。彼のおかげで、自分ひとりでは到達できないところまで来ることができてるから。サーフボードのシェイプは今後どう進化していくと思うーAM:プロサーフィンはひとつのスポーツとしての存在感を高めつつある。今後はプロサーファーたちをもっと巻き込んだ形で発展していくだろうし、彼らの意見がサーフボードの方向性に大きな影響力を与えるだろう。シェイピングマシンを使ったり、コンピューターでデザインしたりと、時代は確実に変わりつつある。だからといってシェイパーがいなくなるということは決してありえないけど、今後はサーファーがもっと積極的かつ画期的な役割をサーフボードデザインに果たしていくことになると思うよ。ケリーにシェイプしたボードで、あなたのお気に入りの一本はー面白い質問だね。そうだな、ケリーがボディグローブサーフバウトで優勝したときのボードかな。確か1990年頃だったと思うよ。オレンジとブルーのブラシがあるやつ。なぜか分からないけど、あの一本が自分の中でずっと強く印象に残ってるな。