著者 からの投稿 F+編集長

F+編集長

1261 投稿 0 コメント

地元一宮町出身の日本人2名の戦いを楽しんでます

オーストラリアで風邪ひいて帰ってきて、結構長きにわたってダウンしました。 締め切りなので、結構じたばたのところへ、QS6000。ボヤボヤしているうちにもうQFから先を残すのみとなりました。うちのゲストのコナー・オレアリーも勝ち進んでいて美しいけど、日本人2人、稲葉玲王と大原洋人が順当にというか頑張ってというかで勝ち上がっている。あれはないわぁ、というローカルご祝儀ポイントもあるけど、私が楽しんでいるのはこの二人の間の戦いかね。 続きを見る

2019リップカール・プロ...

2019リップカール・プロ@ベルズビーチ、ウインキーポップで開催された1日目のフッテージハイライトと、ジョーディ・スミスのインタビュー映像を、F+(エフプラス)オリジナルの日本語字幕付きでお届け。 映像を見る

ケリーは何とか2試合連続33位回避

あれでやるなら朝からやればよかったかな、と思う。 ファーストコールから引っ張って昼スタートだけど、潮も引きに入ったけど風もオンショアになっちゃったし。画面で見てるとまだいい波に見えると思うけど、マジひどいよ。 あれでやるってことは、この先まったくアウトなんだろうと思う。 明日明後日は波なし、来週半ばに少しだけ上がる予報だけど、だいぶ先のことなんで当てにならんし。 リンコンなのか、ウインキーポップなのか、どっちもひどいんでどうでもいいかな、って感じ。この先の波の上がり方にもよるだろうけど、おそらくほとんどの日程をウインキーポップでやるんだろうと思う。 続きを見る

コロヘとイタロのジャッジングは案の定論争

ファイナルが終わってスナッパーでの表彰式までの間に、イスとかパラソルとか家に置いてからと思ってスナッパー近くのコンドによった時に、どこかの部屋からFワードに続いて、勝ったのはコロヘだ~みたいな絶叫の連続。どなたかコロヘサイドの人がいたらしく、だいぶ長いこと表彰式待ちのスナッパーに向けて叫びまくっていた。 案の定論争になっているようで、WSLはその日のうちにわざわざコロヘの6.5のライディングとイタロのラストライドを2分割で並べて、コメンテイターチームに分析させていて、ほら、エアーの回転数が違うでしょ、的な解説してるけど、あれは結構ギミックかなぁ、と思う。 続きを見る

イタロとキャロラインが優勝。ジョンジョン真面目にV3狙ってそう

終わった~。いや~、時差がそんなにないとはいえ、4泊6日のパッケージツアーじゃないんだからさ、着いた翌日からぎっちり詰められてもね、蕁麻疹出ちゃうわよ。かゆいかゆい。 う~ん、ライブ見ていた皆さんはどう思いました? 実際のところ、カリッサ、コロヘじゃなかったですか??...

スナッパーで一日待たされて終わった日曜日、運営陣はホッ

日曜日ということで、スナッパーにもっと人を集める作戦(笑) いや~、まいったね。会場内のベスト撮影スポットは限られているので、場所取り必須なわけだけど、今年のスナッパーは結構いい場所が狭くて、朝一に場所取りしないと終わる感じ。なので、5時半から場所取りしてコール待ち。6:40分のファーストコールから、引っ張って引っ張って、結局午後1時まで待ち。どくにどけない、帰るに帰れない。 朝は風もなく、時折いい感じの波が入ってたけど、波数は少なくて、潮が引けばいいかなということで、待ってたけど、潮も引くけどオンショアもやってくる、みたいな。 で、結局アウト。今年初めてスナッパーに出現した観戦スタンドも、結局一度も試合で使われることはなさそうな感じ。 続きを見る

土曜日ということでメイン会場スナッパーに人を集める作戦

本日もデュランバーで7時からスタート、メンズラウンド4をデュアルで、ウイメンズQFを普通に消化。それでも12時、余裕の進行。サイズダウン傾向の波だったので、2時半までブレイク、その間にスナッパーに移動し、できれば3時スタートのメンズQFということだったけど、どこをどう見てもメンズのQFやるような波ないし。 ブレイクはしているものの、スウェルが足りない。ビーチはまだ岩だらけだし。 続きを見る

今日もQS的ビーチブレイクの犠牲者が発生

本日もDバー。まさにこの日のためのデュアルヒート、という感じかね。 来週は波がない、スナッパーは砂がたまり始めていてブレイクはしているけど今一つ、週末までに終わらないと試合が終わらない、みたいな状況。 というわけで、デュアル進行。オーバーラップ、重ねて重ねて(笑)、男女合わせて24ヒート無理なく終了。しかし、わかりやすくするためのフォーマット変更というけど、デュアルわかりにくいと思うんだけど。 続きを見る

イチコケ組6名の中にケリー入りました。

メンズたった4人、ウイメンズたった2人のイチコケ組6名の中にケリー入りました。 まぁ、Dバーでやるならそれは想定内かな。 オウエン、ピーターソン・クリサントの二人が右の堤防寄りのポイント、ケリーはセンターのメインブレイクというポジショニングチョイスだったけど、それ自体は悪くないアイデアだったし、波もそこそこ入ってたと思う。ただ、いかんせん全くと言っていいほどキレがなかった。マニューバーのチョイスが波と合わないからなのか、トップで詰まっちゃうからなのか、とにかくもう少しシンプルな普通の板でやってみればいいんじゃないの? って感じ。 続きを見る

ガブ時代の到来確定かな。

う~ん、ガブ時代の到来確定、といった印象かなぁ。 引退の花道として、ジョンジョンと一緒にオリンピックを狙うには、今シーズンランキング10位以内が欲しい47歳ケリー・スレーター。ラウンド1取りこぼし。まぁ、あのコンディションだともうしょうがない感じかね。QSみたいなビーチブレイクだもんね。若者向け(笑)。やっぱりあの波でのアクションコンディションになっちゃうと、サーフィン古いかな、って感じになっちゃうよね。でもさ、それをいっちゃうのは酷ってものだわよね。47歳であそこで対等にやってるだけで奇跡だもんな。 続きを見る