著者 からの投稿 F+編集長

F+編集長

1324 投稿 0 コメント

ワイン好きが見るウェブマガジンにて、サーフコンペの仕組みを語った

だいぶ前の話になるけど、ワイン好きが見るウェブマガジンの取材を受けた。 ビコーズワインという、「ワインを知るためのワイン」、なる触れ込みのワインシリーズの販促マガジンで、まぁ、大人として、ワイン片手に見知らぬ世界にも触角を伸ばしましょう、的な、興味深いウェブマガジンなわけだけど、私が質問に答える形でのインタビューを通して、サーフコンペのあれこれがわかる仕組みの、読んでガッテン。是非お読みくださいませ。 『Because, I’m...

無観客試合ができるなら、有料観戦試合も実現可能?

本当に恐ろしいことに、すでに今年も半分終了なわけで、過去を振り返ってる場合じゃない気もする。気もするけど、ほかにやることもなく、蔵出しシリーズは続くかも。 今回は箸休めの別ネタ。 アメリカのハンティントンでマツというレストランをやってる30年来の友人のユウジから、巨大で超甘い、アメリカ産レイニア種のサクランボが届いた。どっさり2キロ! アメリカやオーストラリアへの荷物は現在日本では郵便局が受け付けてくれないので、雑誌も何も送れないんだけど、むこうからは来るのね。ユウジの指示に従いあちこちに分けたけど、ほんとに食べでがあるサクランボで、5粒も食べればもう満足な感じ。 国内のJPSAツアーは今シーズンキャンセル、イコールプロサーファー失業、バイトに励む、みたいな。ポイント関係なく、賞金だけの試合とかは予定されてるけど、それもいつ開催できるのかね。 続きを見る

蔵出し写真パート2:1989年新島・サイモン・ロウと大野薫

蔵出しシリーズ2 1989年6月、新島きちろん。この年の新島はポッツ(マーティン・ポッター)優勝で、シーズンスタートから3連勝、そのままワールドタイトルを取ったと記憶している。 当時は確か、春の新島、秋の部原みたいな感じで、年に2回もワールドツアーが日本にやってきた。これもGORDINHOの写真。左から大野薫(おおのかおる)、私、オーストラリアのサイモン・ロウ。 1年たっても布団の上という取材風景。だけどレコーダーがあるのは進化、かね。メモもあるけど(笑)。でかいね、カセットレコーダー。マイクロカセットですらなさそうだ。 ほら、写真撮ってるからあっち向いて、みたいな感じで手を出している大野薫はすでに故人になっているけど、鵠沼在住だったジャーナリストとしての先輩のこの人は、私が最も大きな影響を受けたひとりだといえる。 続きを見る

蔵出し写真:1988年新島・シェーン・ホラン

みんなが気になるのはこの先の業界どうなるのか、とかだけど、そんなのわからんよね、誰にも。何しろたかが風邪、されど風邪で、国中が学級閉鎖的なことになるなんて、想像もつかない出来事だから。 さてさて、すごい写真でゴザイマス。蔵出し~。 基本的に過去は振り返らないタイプなので、どうでもいいんですけど、やることないから振り返ってみようかな。これは私の初めてのワールドツアー選手らとのふれあい時代かな、と思う。これより前数年は、NSA、JPSAの国内試合をフルフォローしていた。全国のサーフショップを回ったり、読者スナップしたり、とにかく地道に足元を固めるファインのお姉さん時代(笑)。ツアーに出てすぐにフランスで髪の毛を切ったので、髪の長い女だったキャリア序盤、1988年の新島、本村にあった民宿きちろんでのワンショット。 続きを見る

F+038号表紙、ロブ・マチャド着用Tシャツ情報~

新しいF+皆様のお手元に届いていると思いますが、海外の年間購読者様に関しましては、日本郵便がアメリカ、オーストラリア等、ほとんどの国向けの発送を受け付けていない状況です。もちろんコロナの影響。よって、発送が出来ないので、個別に連絡を取らせていただきますが、状況が良くなって発送ができるようになり次第、発送いたします。 F+038、いかがですか? CTコンテストのないF+ってのもそれはそれでありなのかな、と。 まぁ、でもネタはすぐに尽きちゃうので、試合なしでの継続は厳しいのかなぁ……という感じで先の見えない状況はどこも同じ。よって、F+の年間購読会員については現状上半期、つまり、この号038とひとつ前の号037の2冊セットだけの申し込みしか受けておりません。 コロナ前に2020年4冊の通年年間購読を申し込まれた方々に関しましては、9月配布予定の039号以降の予定が立ち次第、別途個別にご連絡させていただきます。 もうひとつ、聞かれるだろうなぁ、と思って聞かれてるのは、最新号の表紙のロブが着ているTシャツ。どこで買えるんだ? 的な。 続きを見る

F+マガジン第38号は2020年6月10日配布開始

サーフカルチャーの総合情報誌『F+(エフプラス) SURF...

打たれ強いJPSA...

アレックスと悪魔のような顔のみっくん。 そう、みっくんは角田光圀というれっきとした我が家の新人犬なわけだけど、これは光圀というより、「越後屋、おぬしもワルよのう、ひ~っひっひっひ」と笑う悪代官側の感じ(笑)。一応茨城の保健所出身ということで、黄門様にあやかっての命名だったけど、名は体を表さないの典型例。 アレックスは近所で飼われている仲良しのわんこ。ラッキーさんもアレックスとは仲良しだった。みっくんはボーダーコリー系のミックスだけど、アレックスはフラットコートレトリバーと黒ラブのハーフ。フラットの永遠の少年気質と、黒ラブの人懐っこさを兼ね備えたかわいい子です。 今志田の界隈はオリンピック会場の工事中断中で、津波防潮堤の手前は超広々とした天然ドッグランのようになっていて、そこでブイブイ走りまくっているのがアレックスとみっくん。アレックスは性格も天然系で走り方もドスンドスンな感じで重量級、みっくんはアレックスのボールをキャッチ寸前で横取り専門という性格の悪さながら、軽やかにぴょんぴょんカモシカのような走り方。同じ犬でも随分違うんだなぁ、って感じ。 続きを見る

サーファーの車載率No.1 サーフトリップガイド「ビーチコミングマガジン」全国で無料配布スタート

サーフィン波情報サイト「BCM」からの発行で知られる、年間ガイドブック『ビーチコーミング・マガジン』の2020年版が完成。毎年4月下旬に発行され、GW前のタイミングで無料配布されている本誌ですが、今年は新型コロナウィルス感染症の影響による緊急事態宣言が発出されていた点などを考慮し、全国発送を一時見合わせをしておりましたが、一定期間の保管のうえ発送作業を再開しました。早ければ5月25日頃より順次、全国の提携施設より無料配布がスタートします。 1993年の創刊以来、28号目となる本冊子は、日本全国のメジャーなサーフポイントと、海近くでサーファーに人気の飲食店・宿泊施設などを紹介するサーファー専用のガイドブック。 各地でサーフィンをする際にぜひ参考にしたい地域情報が毎年更新されているほか、年間で使えるウェット指数や潮汐カレンダー、初級者必見の「ルールと基礎知識」など、ベテランサーファーからビギナーまでサーフィンを楽しむための情報が満載。 合計256ページの情報量で、今年も“無料”のガイドブック。品切れ前に全国のサーフショップへ急げ! 【BEACH COMGING...

スポーツ選手にとっての1年の空白、1年のタイムラグ

自粛お疲れ様です 緊急事態宣言は千葉では解除されてなかったけど、GW後の週末のこの辺の人出といったら、もう、え~? な感じ。 ゆるみすぎでデロデロ。サーフィンは一応地元の人はいいけど県をまたいでの移動は自粛願います的なことだったけど、あ~そんなの関係ねぇ、だわね。8割がた地元のサーファー以外でポイント大混雑。いいのかな、そんなことで。 確実に来るよ、ゆるみの第2波。 ここの所ちょっと寒かったので、猫様たちはまとまって暖をとり、ソーシャルディスタンス関係なく、まったり。 私も次号F+038の作業がひと段落したので、まったり。 あとは問題なく印刷が終わって発送できるのを待つのみ。あ、そうだ。サイトでF+038を予約販売はしているけど、システムの都合上受付完了すると、発送しました、のメールが行っちゃうようなんですが、F+038は6月10日発行なので、発送はその前後になりますので、来ないぞー、とか騒がないように。まだ印刷できてないから(笑)。 続きを見る

F+配布店の皆様へお願い:6月10日配布号につきまして

連休明け早々ですが、F+配布店の皆様にお願いです 新型コロナウイルス感染拡大の影響により、サーフィン自粛や営業自粛等、通常の営業に支障が出ている配布店の方々も多いと思います。 お店を閉めていたり、開けていても来店客数が激減しているなど、通常とは違う状況にあると思われますので、次号、6月10日配布のF+(写真は予定の表紙ビジュアルです)に関して、配布店の皆様にお願いがあります。 通常は代引き1600円にて送付させていただいておりましたが、次号に関しては特に連絡のない限り、無料で3冊、既存配布店様の住所にポスト投函のDM便で送付させていただきます。 通常通り代引きにて受け取られたい配布店の方は、お手数ですがメールにてご連絡ください。 別途配布店ごとにご登録のメールアドレスにこちらから確認のメールを送付しておりますので、通常通り代引き受け取りをご希望の方はそのメールに5月13日までにご返信ください。 不在返送等が重なりますと、大きな負担になりますため、ご理解のほどよろしくお願いいたします。 F+編集長 つのだゆき